沢山観光地を巡りたい時は小回りの利くレンタカーを使おう

用途で選ぶ自動車の車種と保険の加入

乗り捨てOK

今後のレンタカーの予測

レンタカーを一度も利用したことのない方は少ないと思いますが、決して多くもないと思われます。近年のJAMA−一般社団法人日本自動車工業会の乗用車市場動向調査によるとレンタカーの認知度は100%なのに対して、レンタカーの利用経験ありは50%程度、カーシェアリング利用経験ありは1%とまだまだ利用が進んでいるとはいえません。特に、問題なのがレンタカーを一度も利用したことのない方が50%程度と高く、都市部より自家用車の所有率が高い地方部において、利用する機会がないままであることが伺えます。利用のきっかけとして旅先での利用やいろいろな自動車を運転してみたいなどの需要はありますので、今後は自家乗用車を保有してる地方部の方にもっと積極的に利用を進めることが重要になります。

自動車を楽しむために

レンタカーの認知度は高いのですが、利用となると低い現状を考えると、もっと運転の楽しさを知らせる必要があると思われます。もちろん、楽しいだけではなく、実際の利用において幾つか注意するべきことがありますが、先に知識として知っておくことで不安なく、様々に活用することができます。まずは、どんな短時間の利用だとしても、オプションの任意保険を必ずつけること、乗りなれない自動車であると注意して慎重に運転すること、万が一の事故があっても必ずレンタカー会社に連絡すること、軽微な接触で破損したとしても自己申告すること、運転者の素性を明らかにして何人で運転するか報告すること、そして最後に重要なのは、任意保険に加入していれば、決して高額な金額を請求されることはないことです。知っておくだけでずっと気持ちが楽になります。

Copyright(c) 2015 沢山観光地を巡りたい時は小回りの利くレンタカーを使おう. All Rights Reserved.